新宿駅前のカオス「長野屋食堂」でランチ

長野屋のサバ味噌

随分と昔から新宿駅前に鎮座する『長野屋食堂』を調査してきました。

古き良き時代の新宿を存分に感じられるお店です。

今回の新宿ランチはそんな『長野屋食堂』をレポートします。

長野屋食堂の基本情報

店名長野屋食堂
住所東京都新宿区新宿3丁目35−7
電話番号03-3352-3927
営業時間11:00−21:00
ランチ価格1,000円

お店は、新宿東南口、東口からすぐのところにあります。

新宿の街並みは変われど、いつまでも変わらない赤いひさしが目印のお店です。

創業1912年というとっても老舗な長野屋食堂は、昼から一杯やるおじさんや定食を食べるサラリーマンで溢れています。

その外観から、女性のひとり客は見当たりませんが、女性客はちらほらいるので、安心してください。

長野屋食堂のメニュー

  • さば味噌煮定食 720円
  • 肉豆腐定食 720円
  • 焼肉定食 820円
  • 親子丼 720円
  • カレーライス 520円

上記以外にも様々なメニューがあります。

一律消費税として20円プラスされますという謎な注意書きがあります。

わたし
焼魚から揚げ物まで様々なメニューがあります。

個人的には、失敗の少なそうな無難なメニューを頼むのがいいと思える店内です。

長野屋食堂のさば味噌煮定食

長野屋のサバ味噌

わたしは、さば味噌煮定食 720円を注文しました。

ごくごくシンプルなさば味噌煮定食の登場です。

野菜が全くありません。

女子ランチとしては、野菜が少しでも欲しいところです。

わたし
背もたれのない丸椅子ですが、味は普通においしいです。

これに野菜がつけば、言うことありません。

長野屋食堂のわたしの評価

項目わたしの評価
提供スピード
お得感
満足度
入りやすさ女性ひとりでは入りにくい
もう一度行く?たぶん行かない
総合評価

女性一人では、入るのが憚られる外観です。

入ってしまえば、お安く定食が食べられます。

古き良き時代の新宿を感じられるという意味では、おすすめのお店です。

わたし
誰かと一緒に話のネタに訪れるにはぴったりのお店だと思います。

昼飲みもできるので、そんな使い方もいいのかもしれません。

長野屋のサバ味噌
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です