新宿で北海道気分「北の幸 釧路港」のランチ

釧路港

新宿で北海道に行った気分になれるとウワサの『北の幸 釧路港』を調査してきました。

北海道らしい料理が食べられるのでおすすめです。

今回の新宿ランチはそんな『北の幸 釧路港』をレポートします。

北の幸 釧路港の基本情報

店名北の幸 釧路港
住所東京都新宿区新宿3丁目3-28-15 TRN新宿ビルB2
電話番号03-6457-7688
営業時間Mon-Fri 11:30-23:30
(LUNCH 11:30-15:00)
Sat 11:30-23:00
Sun,Holiday 11:30-22:00
ランチ価格1,000円以内

お店は、新宿東南口、東口と新宿三丁目の間、天ぷらで有名なつな八さんの向かいのビルにあります。

居酒屋ランチ感満載の看板にやや入るのをためらいますが、お店の前に到着すると落ち着いた感じで期待できそうです。

店内は、新宿で働くサラリーマンやOL、昼飲みする人など様々な人種で溢れています。

おひとりさまでも問題なく入れるお店だと思います。

北の幸 釧路港のメニュー

釧路港メニュー
  • いくら丼定食 990円
  • ザンギ定食 840円
  • カキフライ定食 890円
  • かつミート 990円
  • 釧路港風スパゲティ 840円
  • トキシラズ定食 990円
  • ジンギスカン定食 840円
  • カツカレー 1,000えん
  • カレー 590円
  • 五目あんかけソバ 990円
  • 生姜焼き定食 840円

北海道らしい料理が並びます。

ご飯のおかわりは、1杯110円です。でも、最初の大盛りは、無料のようです。

わたし
いくら丼が990円で食べられるのはお得ですね。

メニューの写真が大ということですが、普通がどんな感じなのか気になります。

北の幸 釧路港のザンギ定食

釧路港のザンギ定食

わたしは、ザンギ定食 840円を注文しました。

いくら丼と悩みに悩み、今回はザンギにしました。

ザンギって何?唐揚げに見えるんですが、、、という声が聞こえてきそうですね。

北海道では、海鮮含む唐揚げをザンギというそうです。

ザンギ自体にはあまり味はついておらず、別添えのタレかマヨネーズを付けていただきます。

アツアツだったので、揚げたてではないかと思われます。

お米は、北海道産のお米ということですが、可もなく不可もなくという感じです。

北海道のお米のレベルが上がったとはいえ、炊き方次第というところでしょうか。

わたし
久しぶりに食べたザンギは、アツアツでおいしかったです。ごちそうさまでした。

北の幸 釧路港のわたしの評価

項目わたしの評価
提供スピード
お得感
満足度
入りやすさ一人でも入れる
もう一度行く?もしかしたら行くかも
総合評価

新宿でリーズナブルに定食を食べたい時には、おすすめのお店です。

もしかしたら北海道にいるような気分になれるかもしれません。

わたし
次回は是非いくら丼に挑戦してみたいです。
釧路港
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です